いりこマン

Pocket

logo3-e1405672855755

iriko23

いりこマンオリジナル商品紹介

0003
0002
0001
12924401_1736102719968248_4

なんと!ZIP!で紹介されました☆

写真

観音寺市(いりこだ市)伊吹島沖から産まれた観音寺非公認キャラ
夜のかけ声「今宵もはじまりました~」に敏感(笑)
色々なうどん屋さんでいい出汁だしてるよん(嘘)

説明

名前:片口祝志郎(かたくちいわしろう)

生年月日:2月30日の『うお座』。生年は不明。自称年齢はサバを読んでいる…らしい。
生誕地:いりこだ市。いりこマンとしては、伊吹島沖合い。
性格:不器用。しゃべらない。腹腸(はらわた)は黒く干乾びている。
趣味:お絵描き。特に家や建物の絵。
特技:いりこマンダンス。
座右の銘:いつかはクジラに!
人の心を癒すゆるキャラではありません。ましてや、決してヒーローでもありません。
強いて言うなら、痛いキャラ。もしくは邪魔なキャ ラ。
それが『いりこマン』です。

何も取り柄がなくごく平凡で地味な人生、いやむしろ不運かも知れない人生を歩んで来た青年、片口祝志郎はある日、いりこのパッチ網漁のアルバイト中、突然の落雷に合います。

意識を失って、気が付けば『いりこマン』になっていました。

「何でいりこなんだ?」
どうせならば、鯛とか鮪のような高級魚だったら良かったのに…。
と、自暴自棄になった彼はグレてしまい、不良仲間と付き合うようになります。
「しょせん自分は『いりこ』じゃないか」
「持て囃されるのは『昆布』や『鰹節』…。俺なんか…」
荒廃した日々でした。

育ての親である”三架橋博士”には並々ならぬ苦労があったにちがいありません。

三架橋博士
三架橋博士

 

それから、彼に何があったか。何が転機 になったのか。彼は黙して語りません。

今、いりこマンは、讃岐にいりこあり!と精力的な活動を続けています。
もちろん、野望は捨てていません。
「いつかは、クジラに!」

この際、クジラが哺乳類であることは、内緒です。

★いりこマンの各種イベント出演について★

いりこマンの各種イベント出演についですが、下記の通りの内容での出演となります。

出演料:30,000円(税込み)

交通費:実費精算

その他:イベント開催前の約2ヶ月前までにイベント内容等をご連絡頂ますようお願い致します。

   その他詳しい内容につきましては、上部お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

0309 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

過去のイベント出演時の様子